頭でっかちの投資術 (旧 日々の発見)

これは管理人のサイト『櫻風月雪』の日記のページになります。本サイトへはリンクを使ってください

2017年8月 (8月目) 決算

8月目の決算です
今月は急に戻ってきてます
北朝鮮・テロと情勢不安は変わっていないのに・・・
北朝鮮のリスクに慣れてしまったのでしょうか?しかし現状は大きな爆弾を抱えているかんじですからね・・・

フォーマットとして下記のように記載します
総資産 積み立て総額 利益
3,369,728 3,200,000 169,728

利益率
1月分 3月分 6月分 1年分 3年分 5年分 設定来(8)
2.64% 3.36% 4.76% - - - 5.30%

利益率に関して
n:何月目か
A(n):n月目の総資産
B(n):n月目の総積立金
C(n):n月目の利益 (=A(n)-B(n))
b:何月分か

b月分の利益率 = (C(n)-C(n-b))/B(n)*100 %
(ファンドの記載の仕方とは異なるので比較はできませんね。)


スポンサーサイト
  1. 2017/09/16(土) 06:04:04|
  2. 決算
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年7月 (7月目) 決算

7月目の決算です
今月はさがりましたね
北朝鮮・テロと情勢不安ですね。困りものです。
北朝鮮のリスクを地政学リスクっていうのやめませんかね? 地政学リスクならなんで円高になるんです?情勢不安による円高と不況でしかないですよ・・・

フォーマットとして下記のように記載します
総資産 積み立て総額 利益
2885305 2800000 85305

利益率
1月分 3月分 6月分 1年分 3年分 5年分 設定来(7)
-1.05% 1.84% 2.79% - - - 3.04%

利益率に関して
n:何月目か
A(n):n月目の総資産
B(n):n月目の総積立金
C(n):n月目の利益 (=A(n)-B(n))
b:何月分か

b月分の利益率 = (C(n)-C(n-b))/B(n)*100 %
(ファンドの記載の仕方とは異なるので比較はできませんね。)


  1. 2017/08/19(土) 06:26:18|
  2. 決算
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年6月 (6月目) 決算

6月目の決算です
順調ですね。
トランプ不安といっても今のところげんじつにはならず、フランスも極右ではなかったので
仕事は忙しいですが、自動で進んでいきます。

フォーマットとして下記のように記載します
総資産 積み立て総額 利益
2514709 2400000 114709

利益率
1月分 3月分 6月分 1年分 3年分 5年分 設定来(5)
2.23% 5.56% 4.78% - - - 4.78%

利益率に関して
n:何月目か
A(n):n月目の総資産
B(n):n月目の総積立金
C(n):n月目の利益 (=A(n)-B(n))
b:何月分か

b月分の利益率 = (C(n)-C(n-b))/B(n)*100 %
(ファンドの記載の仕方とは異なるので比較はできませんね。)


  1. 2017/07/15(土) 19:00:24|
  2. 決算
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

分配金とは

投資信託で分配金というのがあります。分配金年率20%!!
とか銀行の窓のポスターに書かれてることもよくあります。

銀行の利息のようなもの?株の配当のようなもの? と思っている方もいるかもしれません。
しかしこれが全く違うものなのです。

分配金とは文字通り、分配されているお金であり、決して、元本より増えたものではないのです。
毎月同額の分配金を出しているファンドがありますが、決して、毎月同額儲かっているのではなく、自分たちの儲け+元本からお金を分配しているだけなのです。
そう、預けたお金からみんなで分割しているのです。

また、分配金には税金がかかります。積み立てしていくのであれば、二重に税金を払っていることになります。
なのになぜこんなに分配金型が人気があるのか?
それは次回にしましょう
  1. 2017/07/11(火) 22:16:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

投資信託の手数料に関して

投資信託にかかるコストのうち、購入の段階で決定できるのが手数料です。
では投資信託にかかる手数料とは何でしょう?
それは、販売手数料、信託報酬、信託財産留保額である。
販売手数料は購入時にかかる手数料、信託報酬は所有時に1年ごとにかかる手数料、信託財産留保額は売却するときにかかる手数料である。
株式の購入との違いは信託報酬や信託財産留保額でしょう。

これらの手数料ができる限り低いものを選ぶのが大切です。
販売手数料に関しては購入するばしょによって異なったりするので、窓口で購入するのではなくネット証券で購入するべきです。
信託報酬や、信託財産留保額は、難しいファンド(アクティブファンド)ほど高い傾向があります。
しかしこれら(特に信託報酬)の高さにより、同じカテゴリの中のインデックスファンドに運用成績が負けているものが大半です。

そういうことも含め、ノーロード(販売手数料無料)なインデックスファンドをできる限り信託報酬の低いものを選択していくことが大切です。




  1. 2017/07/01(土) 22:57:04|
  2. 投資信託
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ