FC2ブログ

頭でっかちの投資術 (旧 日々の発見)

これは管理人のサイト『櫻風月雪』の日記のページになります。本サイトへはリンクを使ってください

Easy TeXでbibTeXをつかう(ここではLaTexのインストールからリンクをはっています)

理系大学生では論文を書くときになぜか使用を勧められるLaTeX。
いろいろ設定があって結構めんどくさい。EasyTexは楽だよと言われてEasyTexしか入れなかったらうごかないし。

だけどネットを探せばちゃんと見つかる
例えば Tex Wiki。ここのインストールを用いれば簡単(私はMS Windowsからコマンドプロンプトで入れました)
インストーラもあるらしいが見落としていただけ。
(コマンドプロンプトで入れる場合は、標準インストールで……に書かれているものを全部ダウンロードしてインストール以下を書かれている通りにやればできる。上の部分は無視したほうが無難)
あとはPATHを通して、GSを入れて、dvioutを設定すれば一応終了。(ここもインストールの部分にかかれている)

ここまでで一通りLaTeXは使用できます。

あとは書きやすくするためにWinshellなど入れるのですが、
私はEasyTeXを用いています。

Easy TeXは統合環境としてコンパイルなど簡単なうえに、dvioutを利用していれば、PDFにする前にdviですぐに確認できるので便利です。また、文章のテンプレや、数式がすぐに取り出せるので、誤字脱字を避けたり、久しぶりでどう描くのかとかで毎回調べたりしなくてすみます。ということで設定はEasyTeX-TeX WikiダウンロードはTeX入門で行いましょう。

次で最後。論文を書くようになると参考文献が必要。しかし、論文ごとに毎回書いているのではとても大変。
こんな時に便利なのが、bibTeXです。

bibファイルを作ると文章の入れたいところに参照するよと書くだけでリファレンスなどもしっかりやってくれます。(上記サイトを参照してください)また、google scholor(設定でしたほうに出るようにするところあり)やLead2Amazonでbibファイルに書く内容をコピペすることができます。これで誤字脱字の心配なし。

こんな便利なbibTeXを利用するには今のままではできません。ここで必要なのがあべのりさんのページにあるLaTeXCompile 。これを、TeX実行ファイルに設定したフォルダーにコピーして,これをEasyTeXのTeX環境設定でTeXコンパイラーとして選択します。LaTeXCompileはjBibTeX等を含めて必要な回数だけ自動でコンパイルしてくれるはずです。(最近のbibtexはjbibtexでなくpbibtexとなっているかもしれないのでpbibtexをコピーして、名前をjbibtexにしてください)*1

*1
latexcompile.ini(構成設定)


[latex]
Command=platex %b%k
[bibtex]
Command=jbibtex %b
[makeindex]
Command=mendex %b
[ReCompile]
Num=5


のjbibtexをpbibtexに直せばできます

あとは参考にbibファイルを整理するのにとても使えるのがjabref(日本語はこちら)中身を書くということ以外の煩わしいことをEasyTeXでおさらばしましょう。

あとは、クラスファイルとかわかればいいのだけどな……

間違いや足りないことがありましたらどしどしコメントしてください

p.s.
http://www.eng.kagawa-u.ac.jp/~haruna/memo/TeX/TeXtips.html
図が大きすぎたり空白が大きい時の調整に使えるコマンドの書いてあるサイト


ここに来る人がおおいいようなので宣伝
dropboxという複数のパソコンでデータを行き来させるのにとても良いソフトがフリーであります!
各々パソコンに入れるだけでどちら共に同期してくれる上に、ブラウザから取ってくることも可能。また公開きのうもあるのでネットサーバーとしても使えるのでは?(←これはやってみたことがないので不明)
上のリンクから登録していただけると私の分が増えるだけでなくあなたの上限も増えます。
ぜひ、
スポンサーサイト



  1. 2010/09/28(火) 13:30:11|
  2. TeX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今日はみなさんにお世話になった | ホーム | 雨がいや>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yumetaminn.blog91.fc2.com/tb.php/305-f2cb0e3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)